先日、工務店さんの木材加工場に行ってきました。大工さんたちが、木を刻んでいます。

『木を刻む』

柱(垂直方向)となる木、梁(水平方向)となる木、それぞれが組み合わさるように、

機械作業や手作業で加工することを、木を刻む なんて言います。

近年では、プレカットという言葉が一般的になってきており、

ほぼすべての柱や梁となる構造材料を工場で加工されています。

加工場に話を戻します。

1枚目、8角形に近い梁の表面についている樹皮をはがしています。力のいる作業、すごい!

2枚目、ノミ使用して、他の材が取り付く箇所を加工しています。精密な作業。

色々な方の技術が集まって、一つの建物が出来るというのを、こうして足を運ぶことによって毎回、実感しています。良い建物になりますように。


Featured Posts
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square