小さな家で

​いいじゃん!

高価な家は無理。

安っぽい家はイヤ。

それなら

上質な暮らしを

コンパクトな住まいで

実現してみては?

家族で暮らすのにちょうどいい大きさの家。

大きくなくても居心地のいい家は出来ると思います。

●部屋それぞれの大きさをもう一度考える。

 →寝るだけの寝室はそんなに広くなくてもいい

  狭くてもいいところと、広くほしいところをメリハリをつけて。

​  コンパクトな空間は空調の利きもいいから、ずっとローコスト。

●長居のしない部屋。天井が低くてもいいよね。

 →天井高さを抑えれば、それだけでローコスト。

  寝室や書斎、子供部屋は、小屋裏のような部屋で。

●良い素材だけで、快適な住まいを。

 →自然素材だけでつくろう。深呼吸したくなるような安心の住まいを。

  寝転びたくなる無垢の床板。呼吸する塗り壁。きっと気持ちいい!

●子供のスペース。こもれる所とみんなでいる所。

 →広くて居心地のいい子供部屋は要らないと思いませんか?

  こもれるベットスペースとクローク。

  勉強スぺースは狭い方が集中できます。

●不要な壁も建具もとっぱらって、シンプルな空間に。

 →壁も建具も、減らしていけばコストが下がります。

  何が必要か、いらないかを一つ一つ考えましょう。

『価格の安いだけの家』ではありません。

『良質な素材でつくる上質な住まい』を、部屋や建物自体のボリュームを抑えることで、価格を抑えて提供したい。という提案です。

 

興味・関心のある方は、お問い合わせください。気軽にどうぞ!